【31日目】ノスタルジックな街 新世界を歩く

「カサッ」「カサッ」
寝たいのに寝れない。寝返りをうつ友人の服が擦れる音で意識を戻される。
頭の中に街の映像を作り出し、どんどん都市開発をしていく。夢と現実を完全に分け、頭の映像に思考を移していく。あと少しで夢に入れる。

そんな時に聞こえる「カサッ・・・」
これでまた現実に戻される。
気づけば3:00

気づけば繰り返し。

旅人が寝つけたのは、きっと5:00過ぎだったと思う。

IMG_6594

そして迎えた翌日。時計は16:00をさしていた。

IMG_6596

急いでシャワーを浴び外に出た。

ここから新世界までは歩いて20分の距離だ。
すでに太陽が隠れようとしている・・・そんな街に向けて歩き始めた。 

IMG_6606

以前も大阪へは何度か来たことがある(新世界は初)
といっても数えれるほどだが

はじめて来たのは20歳の頃だった。
この時は別の友人を訪ねて。

そして二度目は仕事で。
三度目は片思いの女性に会いに。

いま思うと三度目はただの欲求不満な男だった。

 

 

そんな事を考えながら、大阪に来ると毎回食べるローカルフードを思い出した。
たこ焼きではない。

タコせんだ。
エビせんにたこ焼きを挟んだユーモアフード。 

 

100円で買えて、なお美味しい。

IMG_6612

そんなタコせんを食べながら
怪しげなガード下を抜けた所にあるアーケード商店街「ジャンジャン横町」を歩いていく。

徐々に景色が変わってきた。

IMG_6625

スマートボールに、串カツ、主張の強い看板と古びた外灯。

ここが新世界。

IMG_6628

昭和を固めたような景観が日常にある新世界に、旅人は高揚していた。
寝不足で少し気だるい体を引きずりながら
いつもとは明らかに違う光景に引き込まれた。

この場を存分に楽しもう。

 

そんな矢先だ。

 

 

「お兄さん、ほら寄ってってや。旨いで!」
串カツ屋の可愛らしいビラ撒きが絡んできた。
めんどうだな。

「そこらへんもうちょい見てからね」
そう返事を返した。

「せやな!待ってるで!来たってな!」

「・・・」

 

声が張っていた。強引だった。ちょっと引いた。
それにまだ外が明るかったこともあって
すぐに店を決めるのは保留にした。もう少し歩いて決めたかったんだ。

 

一区画グルッと歩いてもう一度、彼女のいた店前を通り過ぎようとした

 

「お兄さん、待ってたで。長かったわ。腰痛なったで」

このトーク力・・もういいかな、ここで。
ただ2つ気になった串カツ屋があったので、試しに聞いてみた。

「”ここ”と”そこ”と”あそこ”だったらどれが美味しいの」

「そっちもそっちもうちの系列やで!」

 

うん、ここでいいや。 

 

さっそくカウンターに通され
適当に置かれたメニューの上から目を通して
丁度中ほどで目を止めた。つーか止まった。

IMG_6653

メニューがなんか変です。 

 

カエル(虫)
コオロギ(虫)
カンガルー(哺乳類)
ワニ(爬虫類)
サソリ(虫)

なんか明太子の隣にムシ自然におるから
ここが腐海!って、ついこっちも行っちゃう?的な気持ちが沸き起こる。
その者(ムシ)蒼き衣(コロモ)を纏いて金色の野(旅人の前)に降り立つべし…って

 

 

「大将!生、それとワニひとつ、あと適当に3つお願い」

IMG_6654

虫はどうしても無理でした。
一番右がワニ。残りは牛と豚。

 

とりあえずワニから食べてみようと思い口にしたんだが、

 

ワニ旨い。
たまたまこのブログのこの記事を見た人を陥れようとかじゃなくて、旨味があってジューシー。豚のようだけど、味は牛にも似ていた。

よく冷えたビールを喉に運び、熱々でジューシーな串カツを頬張る。
旨い。

IMG_6659

さらに スタッフもノリが良く。
このお店は正解だったなと思った。
虫は食べないで正解だったなと思った。

IMG_6662

満足げに串カツ屋を後にし歩き始める。
少しほろ酔いで顔が熱い。

 

そんな状態でスマートボールを覗いたり

IMG_6671

天王寺動物園まで歩いたり

IMG_6681

ポルノ劇場前で前かがみになったりした。

IMG_6686

行ったり来たりでやがて酔いも冷めはじめた。
よし、通天閣に行ってみよう。

IMG_6691IMG_6689

最初は通天閣に行く予定はなかった。
料金も高く(700円)て旅人には厳しめだ。
しかし新世界100周年の公式キャラクターに「キン肉マン」が選ばれた為、通りに立たされているロビンマスクに申し訳ない気がして通天閣へ入ることにした。

IMG_6696

チケットを購入しエレベータに乗り込む。

ふと天井をみると・・・変なのがいた。
そんなエレベーターにのること数秒。

IMG_6701

旅人は黄金に装飾された展望台へ降り立った。

IMG_6709

めっ・・ええやん〜♪び・・け〜ん♪・・・じゃらじゃ・・・

夕日のコントラストで街が美しい。

めっちゃ・・やん〜♪びり・・・〜ん♪・・・ゃらじゃら〜♪

綺麗。綺麗だけどなんか聞こえる。

めっちゃ・・・ん〜♪びり・・〜ん♪賽銭じ・・じゃら〜♪

IMG_6703

めっちゃええやん〜♪びりけ〜ん♪賽銭じゃらじゃら〜♪

IMG_6706

この娘たちが歌っていた。
歌に出ていた”ビリケ〜ン”はエレベーターのアイツらしい。
アイツは神様らしい。

そして歌が耳から離れなくなった。
今日も寝れない気がしてきた。

呪われた。

IMG_6712

ビリケ〜ン♪ビリケ〜ン♪

 

頭の中の呪いの歌をBGMに
ジオラマを見た。
以前の新世界はこんな感じだったようだ。
戦火によって通天閣が消失するまでのイメージらしい

IMG_6727

そして今の新世界はこんな感じ

IMG_6739

こんな感じね

IMG_6749

さらに新しいシンボルとして「アベノハルカス」が建った

IMG_6763

ノスタルジックな町の雰囲気と開発が進む街の雰囲気
短い時間ながらも楽しむことができた。

IMG_6764

そんなマチをあとに

IMG_6769

旅人は静かに帰路についた。

 

2014.05.01
使用金額:2346円
走行距離:0km
天候:晴れ

ランキング|現在16位/500サイト
1日1回旅バナーをクリック頂けると更新の励みになります^^
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ

Pocket

コメントを残す