竹あかりによる壮大な空間演出!熊本みずあかりに行って、敗北しました

こんにちは、和の演出が好きなGENです。

 

火とか水とか竹とか灯篭を練り合わせて空間を演出する、熊本では有名なお祭り「みずあかり」があると聞いたので、熊本市街地まで来ました。

 

”みずあかり”とは?

ここシンボルロードを舞台に2004年から開催されている「みずあかり」は、年を追うごとに熊本の新しい市民の祭りとして賑わいを増しています。
「みずあかり」は、故郷・熊本の魅力を発見し、”ここに暮らす喜びや切なさまでも共感できる市民と地域でありたい”というコンセプトを基に、5万4千個ほどのろうそくの灯かりで秋の夜を幻想的に彩るイベントです。

掲載元 満遊くまもと

 

 

到着して充電マックスのデジカメで撮った一枚がコレです。

IMGP0328

時刻は18時ちょっと。僕のデジカメのパフォーマンスがまったく発揮されない時間帯です。

 

 

 

IMGP0183

どこで開催されているのか、下調べという社会人にとっての必須スキルをまったく使うことなく、なんとなく開催地方面に歩きます。

 

 

IMGP0185

明るいところなら結構きれい。スキル不足なんでしょうね。

街中は人でごった返しでした。

 

 

IMGP0196

歩道橋を颯爽と通行人にちら見(ちらっと見られる)されながら渡ります。

 

 

着いた!!!

 

IMGP0206

淡い光に感動するリアルとまったくリアルを表現しないカメラのリアル性能に驚愕を覚えます。

 

 

IMGP0208

これは意外といい感じに撮れてる。

 

 

写真 2013-10-12 20 51 11

ちょっとアングルを変えると、こんな感じ。

 

 

 

 

IMGP0266

下から撮るといい感じに見えます。

 

IMGP0258

赤みを撮るにはどうしたらいいんだろう?

 

 

IMGP0274

城彩苑の夜の雰囲気好きなんです。でもすごいぼやける。

 

IMGP0273

これもぼやける。

 

IMGP0240

ほとばしる。

 

写真 2013-10-13 18 28 59

あーカメラって難しい。夜景ってどうやって撮るんでしょう?

 

写真 2013-10-13 18 30 54

ノイズが。。。もうひどい。

 

写真 2013-10-13 18 27 09

全体的に竹灯籠の良さを写真で表現出来ないもどかしさ。

 

写真 2013-10-13 18 35 28

もっとこう、明暗の違いってやつを表現したい。

 

 

写真 2013-10-13 18 37 05

これとか芸術的和を感じたのに、僕のテクニックではもはやなにがなんだか。

 

 

 

写真 2013-10-13 18 37 29

でも、実際は竹のデザインが違うだけで光の表情が違うのです。

ブース毎に楽しむ事が出来ました。

 

写真 2013-10-13 18 39 20

がんばって中腰でプルプルしながら撮ったのがこれ。清正お怒りだろうな。

 

IMGP0327

完全に敗北です。帰りのタレ付け手羽先とビールが一番キレイにおいしく撮れました。もうほんと一眼レフ欲しい。

WEBの勉強とは関係ないけど、旅するウェブ屋としてこういう記事もなんとなくオシャレだしいいよね。

 

 

みずあかり公式HP
ランキング|現在16位/500サイト
1日1回旅バナーをクリック頂けると更新の励みになります^^
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ

Pocket

コメントを残す