【2日目】「廃墟の聖地、軍艦島へ」

古いものがもれなく好き。

というわけではない。味がありノスタルジックなものに惹かれる。

 

今日の目的地は「軍艦島」

廃墟の聖地と言われている場所、ノスタルジーだったら嬉しいな。

この旅では観光地や絶景のほかに、少なからず廃墟を訪れようと計画している^^

その一発目だ。

 

 

 

 

 

7:30 『みずほ温泉 併設公園』にて起床

IMG_2739

若干の寝不足だ。

 

初テント泊の昨晩。持ってきた衣服すべてを着込み

シェラフに優しく包まれながら眠りについたんですが、外気がまったく優しくない。

おかげさまで眠い。

 

 

 

ゆっくり撤去して、カブに荷物を積載。

IMG_2744

さぁ、出発。

軍艦島行きのフェリー乗り場のある長崎市へ向います。

 

 

8時台ということもあって、通勤中の車かな?

込み合う国道251号線・国道57号線を抜けた。

 

 

途中のドライバー休憩所で休憩。

IMG_2749

 

 

10:40 フェリーターミナルに到着

原付を駐車場に停める。

IMG_2754

IMG_2758

予約なしで乗れるらしい。

軍艦島行きのチケットを購入。

4500円は大きな出費だ(ノД`)たけぇ

 

 

フェリーが出航するまで2時間あるというので

近くのスターバックスに入り、コーヒーを飲みながらブログの更新でもしよう。

 

 

 

 

ブログの更新も終え

13:00 フェリー乗り場に戻ってきました。

IMG_2773

乗り場にはすでに20名程、海外から来られた方が多い気がする。

 

きっと旅行で来てるんだろうな、みんな楽しそう^^

旅人は俺だけかな?

 

 

小さな船なので揺れを気にしていましたが

波が穏やかで揺れは小さい。

IMG_2792

40分で軍艦島到着!

IMG_2806

いよいよ上陸だ。

 

IMG_2812

軍艦島という名前は、通称らしく「端島」が本当の名前のようです。

 

見た目が軍艦の形に似ているから、そう呼ばれているらしいですね。

 

IMG_2813

ツアー客が見ることができるのは限られた場所だけ。

鋪装されてるところしか歩けないのは残念だ。

 

IMG_2817

緑に浸食されている。

 

IMG_2831

潮風に晒され風化した建物の外壁やむき出しの鉄骨。

以前栄えた海底炭坑も国のエネルギー革命により閉鎖。住人は各地に散らばっていったそう。そんな時の流れを感じることは出来たのかな^^

 

 

 

日本一周_軍艦島

一番印象的だったのは海上から見る「軍艦島」

絶景です。

 

 

 

 

往復3時間の船旅を終えフェリーを降りた。

そう言えば、お昼は何も食べてなかったんだ。

「ヤバい!空腹!!」

 

どこかお店に入りたい。

立体駐車場に原付を停めて、アーケードに向かいます。

とぼとぼ歩いているとカフェがありました^^

ここでいいかな?

IMG_2865

偶然見つけたカフェ『bf cafe』に入る。これは当たりだ。

電源も完備していて、WiFiも飛んでいる。コーヒー170円だし、空間も素敵。

注文したハヤシライスを食べてまったりとブログを更新。

お店を出ようとしたところ店員さんが素敵な情報を教えてくれました。

 

近くに「老舗の茶碗蒸し屋」さんがあるというのです。

茶碗蒸しヾ(´▽`)ノ

 

 

夕食決めてなかったし、せっかく聞いたので行ってみよう!

お店を出る頃には、すでに日が沈んでいました。かなり長居しちゃったな。

アーケード街の茶碗蒸し屋さんを目指し交差点を渡ります。

 

IMG_2904

ちょっと、シャッタ速度遅めで撮る練習してみた・・・ダメダメだ・・・

 

旅の中で練習して行きましょー

 

 

アーケードを進み

20:00 茶碗蒸し専門店『吉宗』に到着

IMG_2909

慶応二年に創業、木造のキレイな店内。ちょっと高いかも・・・

いや、老舗って聞いた時点で気づけって感じですが。笑

 

 

恐る恐る店内へ。

メニューを見て

「まぁ、これくらいなら・・・うん」

 

 

茶碗蒸しの付いてくる刺身定食を注文。

IMG_2926

IMG_2935

ふわふわ。とろとろ。ダシが効いてて美味しい。

 

満腹になったので

アーケードを少し散歩して原付を置いた場所まで戻ります。

IMG_2939

途中ちょっと目に止まった「東北応援プロジェクト」

東日本大震災が起きた時は、会社で仕事をしていました。

 

仕事柄、テレビの画面を見れる状況だったのでリアルタイムで見ていたんです。

テレビの中は、現実味のない光景が広がっていた。震災後は、街中で募金活動が行われていて、そこに募金をした自分も「どこか別の国の出来事」のように感じていました。

数年経ったいまでも「現実味」を感じれずにいます。

 

旅の後半、自分の目で見るであろうその景色。どのように思い、どのように行動するのか。

 

 

 

 

さぁ、アーケードを抜け駐車場まで辿り着いた。

あとは風呂に入り寝るだけ。

IMG_2942

人が多い市街地。寝る場所を探すのに苦戦しそうな予感がする(><)

近くに道の駅はないので温泉入りながら考えましょう。

 

 

走って10分くらいにある『稲佐山温泉 ふくの湯』へ

 

ここでプチ困惑。入浴税が掛かる・・・

入浴税?なにそれ!?

 

熊本では入浴に税金は掛からない。

郷に入っては郷に従えというやつか?笑

不思議な感じもするが、素直に払って浴室へ

お湯は普通ですが夜景を見ながらの温泉は素敵でした!

 

 

 

さて宿泊地は

下山してすぐのところにあった『長崎水辺の森公園』

海辺近くでキレイに整備されている。清潔なトイレもある。今日はここで野営しよう。

 

市街地からそれほど離れてないけど、静かで波の音が聞こえます。

いいとこ見つけたな^^

旅は順調そのもの、このままアクシデントも無く進みたい。

 

荷物を整理して23:00就寝

明日は食べ歩きをしよう!

 

2014.04.02

使用金額:8,456円

走行距離:71.6km

天候:晴れ

 

ランキング|現在16位/500サイト
1日1回旅バナーをクリック頂けると更新の励みになります^^
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ

Pocket

コメントを残す