【6日目】「呼子朝市と糸島の夕日」

 

 

 

6:00 道の駅『桃山天下市』で起床

寝袋から出る。ひんやりとした空気が全身を覆う。
今日も我慢の一日が続きそうだ。

IMG_3290_mini

そんな厳しい寒さであれば、もう一度寝袋に戻りたくなる。しかし今日はすんなり出てテントを撤収する。

呼子の朝市に向かうのだ。

 

呼子の朝市。昔行った記憶がある。確か小学生だったころ、それはそれは可愛らしい小学生だったころ、家族の旅行で一度だけ行った。その日は海風が強く吹いていて今日のように寒い日で、商店の軒先に古びた自販機があった。潮で錆びれた自販機。なぜか強烈に覚えている。そして、その自販機から路地に入った所で呼子の朝市があっていたと思うんだ。

 

 

 

懐かしい記憶は誰にでもあると思うが

俺にとって呼子の記憶は、日本一周をすると決めるまで、ほとんど思い出すことはなかった。

 

 

道の駅を出発し、太陽の上がり切らない呼子の町に到着。時刻は7:00

IMG_3300_mini

最初に目に飛び込んできたのは、コレ。

 

イカが回ってる。高速で。
干して間もないんでしょうね。飛び散るしぶき、顔にかかる。

こ・い・つ・らw

 

 

飛び散ったイカ汁を拭いて、朝市の光景を見て歩く。
出店が並び終えるのは7:30。あと30分もすれば賑わうらしい。

IMG_3305_mini

IMG_3307_mini

準備中にも関わらず、すでにパラパラと人が集っている。新鮮な海の幸が並ぶ朝市、それを目的として観光客も早めに訪れる。この観光客が売り子のおばちゃん達にとっては重要。彼女達の熱気はとてもじゃないが、俺には出来ない。

 

「ちょっと!!ちょっとちょっとお兄さん!コレ見て!」「ほらっ!」「ほらっ!」
となにかの干物を差し出してくる。

 

「美味しいから!」って差し出してくるんだけど、まずなんの干物なんすかソレ?笑

IMG_3308_mini

一方やる気の感じられないネコ。可愛い。

 

IMG_3310_mini

全体的に干物や加工品が多かったかな。もちろん干物以外にも玄海棚で穫れたウニや新鮮な魚もあり賑わっている。懐かしさを感じる自販機は見つけることは出来なかったが、サービスしてくれたりなんだか温かいものを感じる。以前来た時もきっと温かいものをもらったんだろうな。

 

 

呼子を後にし七ツ釜へ。
いまいち場所がわからないが、とりあえず向かいましょう。

IMG_3325

七ツ釜は海食洞の一つで、海の波に浸食され7つの洞窟が景観を作り上げている。

 

しかし、どこに行けば七ツ釜を見れるのかわからず

ぐるぐる迷っていたところ、海が見える場所までは来れた。でもね、あきらかに違う景色に辿り着いたことに困惑してます。この辺のはずなのに・・・

火曜サスペンスに出てきそうな場所ですね。

 

 

 

まっいっか。七ツ釜はあきらめ、虹の松原に向かうことにします。

IMG_3329

唐津湾に差し込む光のカーテンを見ながら思いました。

 

「虹の松原ってどこだね?」

 

 

完全に迷った。ナビは使わず、かつ地図も見ずに進んできた結果、確実に間違っている。

そんな道・・・

IMG_3331_mini

ひび割れていて幅が狭い

生い茂る植物

 

 

誰でも気づくでしょうね、自分の立ち位置。

虹の松原まで、かなり離れているから案内板すら見つからない。というかこんな道から誘導しようなんて行政も考えない。

 

 

 

 

 

あれから30分かけて

なんとか国道204号へ出ることができました。

IMG_3332

そこから国道202号へ入り、今度こそ虹の松原へ

 

 

 

そして虹ノ松原に到着。

IMG_3335_mini

目的はコレ!「唐津バーガー」

 

美味しいと聞いていたので楽しみにしていました。

そして・・・

IMG_3336

はじめてお会いしました。日本一周人!!

彼の名は、ほんじょう君。

 

広島県発 自転車で日本一周をしているそう。根性すごいなー。あと髪の色もすごいなー。

IMG_5841_mini

IMG_5826

一緒に唐津バーガーを購入し食べてみる。

味はまぁまぁ。野菜の芯が多かったのは俺だけ?

IMG_5827_mini

彼は今日福岡から唐津まで走って来た、そしてまた福岡に戻るらしい。
一日60km程度しか走らない俺からすると”スゴイ”と思います。全然疲れを感じさせないやる気に満ちた表情、きっと彼には野菜の芯は入ってなかったんでしょう。

 

 

ほんじょう君と別れ、マクドナルド202唐津店でブログの更新。

 

そして福岡県入り

さて、このままバイパスを真っすぐ進めば、糸島まで10km弱ですが、それだとすぐ着いてしまう。
バイパスから脇道へ入りました。

IMG_3345_mini

3両編成の列車。なんだかいいですよね、こういうの。
田舎道の風景って感じ。

IMG_3358

好きです。こういう絵。

 

 

 

偶然見つけた砂浜で休憩。
のんびりと遊んでいると日もいい感じに傾き始める。

IMG_3360

有名な場所じゃないけど、奇麗な場所。

IMG_3374

薄々気づいていたんですが・・・今日の夕日は期待値が高い。

 

 
202号線を佐賀県方面へ戻りつつ、夕日の絶好ポイントを探すことに。
そして見つけた絶好ポイント。

IMG_3381_mini

これはヤバい。

IMG_3382

偶然温泉も近くにあるので今日はここでお風呂に入ろう。

それまでは、夕日を楽しむことに。

IMG_3383

IMG_3390 IMG_3408

やっぱり^^ すごく良かった!

 

IMG_3436

二丈温泉『きららの湯』でお風呂、そして夕食を取ります。
鳥塩ダレ丼とうどん。漬け物が美味しかった^^

 

 

あとは湯冷めしないうちにテントに入らねば。
急いでテントを立て、中に入る。

IMG_3444

きっと今日も冷え込む。コーヒーを飲んで寝よ。
カイロを寝袋に放り込んで、就寝。

 

 

 

2014.04.06

使用金額:2905円

走行距離:71.5km

天候:曇りのち晴れ

ランキング|現在16位/500サイト
1日1回旅バナーをクリック頂けると更新の励みになります^^
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ

Pocket

One thought on “【6日目】「呼子朝市と糸島の夕日」

コメントを残す