【10日目】「北九州入り、そしてはじめての米炊き」

 

 

9:30 先輩宅にて起床
というか起こされました。いつもは6時頃に目を覚ましテントの片付けを始めます。ですがこの日は爆睡しており起きれませんでした。そして9時過ぎても起きない俺を起こしにいらっしゃったのは先輩家の小さいお殿様(1歳くらい)

顔の前で「ア”ーッ!」と言っておられました。
おはようございます。顔近いっす。

 

 

その後、フラフラとリビングに移動し朝飯を頂きました。ありがたい。ちなみに朝飯ですが、適量のはずなのに満腹感がある。絶対昨日の過食のせいだ・・・

 

思い返せば、昨夜は「夕飯after夕飯」という胃袋にまったく優しくないコースを辿ったんでした。

 

出発する時間になったので先輩夫婦に見送ってもらうため玄関前に集合。

名称未設定

「日本一同ってなんや?ww」

それは初日に色々と手違いが・・・


「それと、どんな道のりで行ったか書かんの?」

えっ?
よく分からずにいる俺と違い先輩の行動は早かった。
家から油性マジック(なお、太ペン)を持ってきて、リアボックスのサイドスペースに自分ちに来た証明を描き出した。

ちょっ!笑

 

リアボックスに書かれた落書き・・・
【熊本初→長崎→佐賀→先輩宅

なんすか、コレ!?笑

 

 

拒否権のない行動から旅の軌跡を書くことになりました。
今後の写真で出てくるかもしれないですね。先輩のいたずらから始まったリアボックスの落書き(字が雑)

 

 

先輩二人から選別に頂いた袋二つを無理やり原付に括り付け出発。餞別以外にも嬉しいものがリアボックスに増えた。10:30 北九州市へ出発!!

 

IMG_3632

大橋前を抜けて

IMG_3636

博多を通り

 

3号線をひたすら進む。

IMG_3637

やはり睡眠不足は翌日の走りに影響が。もうしんどい。笑
信号機の多い市街地を抜けて、ようやくペースを早めれるかと思っていたが、3号線は交通量が多い。

寝不足のせいで、ふらふらするし意識途絶えそうになりながら、コンビニを見つけるたびに休憩を挟み進むこと16:00・・・

 

なんとか・・・
なんとか北九州 小倉駅に到着!!

 

昼飯も取らずに走って来たんだ。なにか腹に入れないと・・・そういえば先日のプチ同窓会で同級生がオススメしてくれたパンを思い出した。よしっ、行ってみよう。

IMG_3640

小倉駅からすぐ近くの魚町商店街入り口にある「しろやベーカリー」のサーニーパン。

IMG_3646

結構小さいんですね。甘くて美味しかったんで、さらに2つ購入し移動しながら食べることに。糖分のおかげで少し元気が出てきた。

IMG_3649IMG_3656IMG_3670

出発が遅かったので日が沈むのも早く感じる。

 

早めに風呂に入って、野営地を探すことにしよう。
そうと決まれば風呂探し!でも小倉周辺の入浴施設はもれなく料金高め。せっかくなので昔ながらの銭湯に行こうと思います^^
料金も安くて旅人には優しいです。

 

 

小倉北区をグルグル回り見つけたのが「泉湯」

IMG_5872

IMG_5917

レトロで映画に出てきそうな、この雰囲気が好き。ドアを開けて入ると番台があっておばちゃんが座ってる。「おばちゃん一人分ね」つって、風呂上がりはコーヒー牛乳。笑 こういう所が今も残っているって素敵ですよね。

 

 

のんびり湯に浸かり、体力を回復。そして今日は久しぶりの野営だ。
21:00 ようやく見つけた高台の広場でテントを張り、荷物を運んでいく。

 
さて・・・・
米を炊くぞ!初の米炊きだぞ!!

IMG_3676IMG_3678

米を目分量で投入後、水を入れる。これ位かな?

IMG_3679

着火!!!

 

IMG_3688

うわぁ・・・・
とりわけ、初めてというのは、こんなもんで(´A`。)

 

「おこげって美味しいよね」と焦がした時の言い訳すらできないほど焦げてしまっている。いや、でも、食べたら美味しいパターンもあったじゃないか・・・いざ・・・

 

 

 

マズっ! 
ほんとマズっ!!

完敗です・・・

 

IMG_3690

でもちゃんと食べましたよ。家に置いてあった「さんまの蒲焼缶」で味をごまかしながら、歯ごたえのある米をいただきました。

 

 

数日は米炊きに苦戦しそう。
明日はいよいよ本州入り。米炊き成功はいつになるやら・・・おやすみなさい

 

2014.04.10

使用金額:1942円

走行距離:78.1km

天候:霞晴れ

ランキング|現在16位/500サイト
1日1回旅バナーをクリック頂けると更新の励みになります^^
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ

Pocket

コメントを残す