【16日目】「君との運命!レトロな尾道を歩く」

運命という言葉を信じますか?

 

パンを咥えながら遅刻しそうだと走っていたら、角を曲がったところで
栗色ショートカットの女性とぶつかる。その女性は夢に出てきたあの子だ!胸キュン

 

みたいな。
今日はそんな日。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

6:40 道の駅『たけはら』で起床

テントから出ると作業が待っていた。
昨夜就寝前に食べたラーメンの残骸、汚れたコッヘル。
道の駅に到着したのは22時頃で体力は残り少ない状態だった。
早めに寝ようと寝袋に包まるが、どうしてもからあげの映像が頭に浮かんで寝れはしない。
この映像を消し去らなければ・・・

からあげは無いので、湯を沸かしラーメンを食べ空腹を凌いだのだった。

IMG_4395_mini

そうした結果、朝はコッヘルを洗う作業からのはじまり〜!

冷たい水に手を浸すのは嫌になる。
毎朝食事の準備をしている世の親御さんやお嫁さん、
一人暮らしの方に軽い尊敬を覚える。

そんな片付けが終了し出発の準備を整えはじめたところで、道の駅に人が集まってきた。

「よく眠れたかい?」
早朝の散歩をしにきた地元の人達のようだ。
自分に投げられた言葉にアクションを返し少しの間会話を楽しむ。

AM7:30 道の駅『たけはら』を出発。

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

交通量の少ない山道を走りはじめて30分。
尾道に続くそこはほとんど車が通らない。すいてるすいてる^^
まぁしかし、たまに車は通るのだが
その車は例に漏れずノリノリで俺の原付を追い抜いていく。

くっそ寒い中を走っていると
車がくっそ羨ましい。

暖房ガンガン効かせてBGM聞きながら
ラテ片手にハンドル切ってんだろうな。

すると追い抜いていったうちの一台の車が止まっていた。
故障かな・・・?

 

ゆっくり近づき様子を伺おうとすると、一人青年が出てきた。
佐賀県唐津で唐津バーガーを一緒に食べた彼、ホンジョウ君である。笑

なんでいんの?ww

IMG_4399_mini

この笑顔。笑

 

そうこれは!!!

 

運命!!

 

冒頭に書いた運命をメンズとメンズで感じる運命の日。
女性が出てくると思った読者さんには申し訳ないね。
そんなピンク色の旅なんてないんだよ、まじで。

それはそうと、あまりにも人気の無い道で再会するって
運命感じてもいいはずです。

彼がどんな理由で広島に戻っていたのかはどうでもいい。
これは運命ですって。笑

話を聞くと免許更新で地元 広島に戻ってきたとのこと。
なんとも夢のない。愛もない。
戻らなければ俺に会えない気がしたくらい言ってもいいのに。

人間は会った回数で親密度が増すっていいますけど
ザイオンス効果だったかな。
まぁ、会ったの佐賀の時だけだもんね。

そんな彼は再出発までは地元にいるみたい。で、俺の乙女心って簡単に投げ捨てて ”車” で岡山に行くって。

 

そうかい。笑
まぁ彼のおかげで寒くて孤独な道のりが楽しくなった瞬間でした。

 

運命終わり。ささ、尾道へ急ぐぞ。
79号線をひらすら走ります。山道なので相変わらず人は少なめですが
尾道市内に近づくにつれ交通量が多くなってきた。

 

11:30 尾道市内 に到着
バイクを停めてアーケードを歩きます−−

IMG_4401_miniIMG_4406_miniIMG_4409_mini IMG_4415_mini IMG_4416

尾道ってレトロでいいところですね。

そんな町歩きをしている中、あることを思い出しました。
広島で寄ったソフトバンクショップの店員さん(歳は20代前半で童顔、ブラウンカラー肩より短めのヘアースタイルのショップ受付)から 「尾道は、尾道ラーメンが有名ですよ」と聞いていたのです。

 

あの可愛い子がオススメしてくれたから
有名ならぜひ食べておきたいところですね。

 

いくつか巡って唯一空いていたのが尾道ラーメン「壱番館」
学生が列を・・・列にはなってねーなw 群がってました。

探すのも面倒なので一緒に並ぶことに。

 

ドラマならこの辺で、尾道旅行に訪れたガールズ二人と話し込んで
共通の話題からフックポイント探し出して
価値観の共有とかやっちゃうパターンからの
エンジョイ尾道になるところでしょうが
そんな出会いなんてあるはずもなく
アクションを起こす勇気もない
そんな俺に訪れた ”運命”リターンズ!!

映画の第二部的なことが起こりました。

岡山に向かったはずのホンジョウ君が・・・・

IMG_4429_mini

後ろに並んでおったww
お前岡山行ったんじゃねーのかw

 

全く連絡取らずの三度目の再会をした俺たち。
もう結婚した方がいいんじゃないか?

 

まぁその、男性同士の結婚はなにかと障壁があり、現在の日本社会では受け入れられがたく、波紋を呼ぶことは間違いないでしょう。いくらお互いが強く引き寄せ合おうともその辺ねー。いやしかし人権的視点からすれば・・・しつこいすかねこの文章w

 

とりあえず再開は嬉しいもので。
意外性から来た感動は止まることなく
ホンジョウ君と連れの方と一緒に食べました。うまっ(゚∀゚)
IMG_4428_mini

とんこつ慣れしている熊本人としては醤油ベースは新鮮。
しつこくないからお昼でもいけます^^
お腹も膨れ今度こそお別れ。

4度目の再会は一緒に墓に入ろうと約束しバイバイしました。

 

 

さて

ここ尾道は、しまなみ街道に繋がる道の途中にありサイクリングロードとなっている。自転車が多く通り過ぎている様子を目にするのはそのため。また坂の町として有名で古い町並みや歴史的建造物を見に全国から観光客が訪れる。

 

しかし最近になって注目を集めているのは、
その古い町並みやサイクリングロードと言うわけではない。

注目を集めるのは、空き家プロジェクトという面白い試みがあるかららしいのです。

 

急に真面目になりましたが、こっちの方がいつもの調子ですよ。
と、いうことで行ってみましょう。

IMG_4431_mini

 

空き家プロジェクト

 

瀬戸内海のおだやかな海と山々に囲まれた街、尾道。 尾道固有の町並みや建物はそこで営まれてきた暮らしの歴史であり文化です。その中でも特にユニークな環境をもつ山手地区ですが、現在、空洞化と高齢化が進み、空き家が数多く存在しています。その中には建築的価値が高いもの、不思議で個性的なもの、景観が優れているもの等さまざまな魅力をもったものも含まれていますが、残念ながら住人を失った家々の傷みは年々加速しています。尾道空き家再生プロジェクトではそれらの空き家を再生し、新たな活用を模索していきます。この活動を通じてほかにはない尾道らしいまちづくりを展開していきたいと思います。 NPO 尾道空き家プロジェクトより

 

 

まずは一つ目の空き家プロジェクト
街アーケード内にあるカフェ『あくびカフェ』へ

捨てられる予定だった小学校の廃材を”もったいない”からと
譲って受け素人が集まり作りあげた場所。

ここはそんなプロジェクトに共感したクリエイターが集り ちょっとしたコミュニティが出来上がっているらしい。

IMG_4441_mini

黒板ですね、懐かしい。

IMG_4442_mini IMG_4446_mini IMG_4459_mini

下駄箱に廃材の家具。どこか懐かしい感情が浮かんできます。
そして、隣はゲストハウス「あなごのねどこ」

名前の由来はあなごの様に奥に長い造りになっているからだそう。
泊まってみたかったんですけど、今日中に四国入りするので今回は断念。
今度来た時は泊まってみたいと思ってます^^

 

続いて2件目「北村洋品店」へ
IMG_4465_miniIMG_4471_mini

色合いいいですね。
コンセプトは、子連れのママさんが
子供達を連れてきても楽しめるようにというものらしいです。

それが形になっている空間はゆっくりと時間が流れるよう。
都会の雑踏を感じない尾道。それだけに居心地のいい公園もカフェも見当たらない。若いママさんが集れる場所があり、自然があり。子供達も楽しめる。素敵な場所だなー

 

これが尾道の新しい魅力。道角曲がったら”ちょっと素敵なお店”みたいな経験がそこら中にありました。

IMG_4487_mini IMG_4492_mini IMG_4502_mini

夢中になりすぎて気づけば 16:00過ぎてた。
そろそろ出発しないと日が暮れそうだ。

さて、四国に向かいましょう^^

IMG_4506_mini

曇ってはいるけど、これなら夕日が見れるかも
ちょっとワクワクしてきました。

 

尾道大橋を渡り
次は因島(いんのしま)大橋

IMG_4524_mini

いやーしかし、しまなみ街道の原付道のわかりにくさときたら><
道路横の青ライン(サイクリングロード)を辿っていけば、それが原付道なんですけど
わかりずらくて迷いに迷い苛立ちを覚えました。笑

一度ルールがわかってしまえばね、なんてことない。
原付こっち→って看板あると非常に助かるんだけどな。旅人目線です。 IMG_4536IMG_4538_miniIMG_5947_mini

そんなしまなみ街道を因島大橋、生口島大橋、多々羅大橋、大三島橋まで渡ってきた。

島→橋→島→橋・・・「まだ着かんの?」

さらに伯方・大島大橋、来島海峡大橋の順ですべての橋を渡りきり
愛媛に入りはすでに日没。時刻は19時過ぎでした。
今日も日は完全に落ちたところで野営地に良さげな公園を発見。

テント立ては後回しにしてネットで見つけた銭湯へ
IMG_5948_mini

1日の疲れを癒すべく地元のおっちゃん達と談笑しながら1時間。
ここの湯はとても熱くて疲れが飛んでいくようでした^^
のぼせたわ!笑

さっ、湯冷めをしないうちに公園へ戻ります。

明日は晴れ ”ジブリの舞台になった温泉” と ”素敵な駅” を見に行こう。
という事で23:00 愛媛県 今治市内の公園で就寝。

 

 

2014.04.16

使用金額:2597円

走行距離:139.9km

天候:曇り

ランキング|現在16位/500サイト
1日1回旅バナーをクリック頂けると更新の励みになります^^
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ

Pocket

コメントを残す